投稿

うつ経験者の繁忙期の乗り越え方

イメージ
おひさしぶりです。
季節の変わり目、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

うつがひどかった時
この時期が死にたくなるくらい辛かったなぁと思い出します。

ちょうど4年前にちょうど4年前の今、うつがひどくて会社に行けなくなりました。
週1の休み、休みの日も家族や仕事のことばかり。
プレッシャーに押しつぶされる日々。

じわじわと心が苦しくなっていく
じわじわとうつの症状があらわになっていく

ほんとうは身に覚えがある「ストレス症状たち」
でも、それを頑なに認めようとしない「プライド」

認められない時がいちばん苦しかったなぁ・・・


がんばりかた いろいろあって、今は社会で働くことができている

うつ病で苦しんでおられるみなさまに伝えたいことは
ものすごく無理をして頑張ったわけではありません

でも、すこーしだけ頑張りました
すこーしだけ頑張るってどういうこと???

「これは頑張れない」は「無理して頑張らない」

「これは頑張れるかも?」は「ちょっとだけ頑張ってみる」「そして休む」


この病院でパターンを教えてもらって、
このパターンを精一杯身につける練習をして、今に至ります。

大事なのは「これは頑張れないなぁ」を知ることです。

これを知るまでに私は1年くらい頑張ったな〜笑
今ももちろん練習中です。

「なんでもやればできる!」とか「社会人のくせに頑張れないとかどうかしてる!」とか「努力することが大事!」とか変の自分にプレッシャーを与えていて、
メキメキとプライドが育っているので、
「私には頑張りたくないって思うものがある!」と認めるまで時間がかかりました。

4年後のわたし そんなこんなで、
自分の「頑張りたくないこと」「頑張りたいこと」に正直になれるようなってきて
いまは自分の本当に好きだなぁ〜って思える仕事につけています。

し・か・も 自分のやりたいなぁ〜って思える仕事量で!

そんなことあるんかい!

って自分にツッコミたくなるんですが、不思議とそういう生活をしています。

いまのお仕事は仕事量に波があるので
仕事はあんまりない時は、ゆる〜く週3〜4ではたらき
繁忙期は、週6〜7くらいではたらいています。


ひさしぶりの繁忙期の乗り越え方 そして、いま、まさに繁忙期でこの前は9連勤とかでした。
自宅でもできる仕事もあるので、お休みの日も仕事してる時もあります笑
なので、実質、いまはほとんど毎日仕事をしていま…

仕事を辞める決断をしたときのハナシ<過去記事更新>

イメージ
みなさま、こんにちは。

お久しぶりです。
すぽんと時間が空いたこと。
なんだか元気がないとこのブログに帰ってきたくなるようです。

 過去の記事を更新しました
2014-02-28 後ろ向きな決断をした。けれど、自分で決めた。

2014-03-08 色んなカードを持っていることがストレスに強くなる秘訣〜9回目の心療内科〜
抑うつ病の治療をはじめて約4か月後のハナシです。

新年度に向けてしっかり準備がはじまる時期。
復職をするのか? それとも 退職をするのか?を決めなくてはいけない時期でした。

わたしにとって「念願のしごと」「念願の社会人」
これを手放すことがほんとうに苦しかったことを思い出します。

また、じぶんへお手紙を書こうと思います。


うつ病から3年半の私が書いた「3年前のわたしへ」

2014-02-28 後ろ向きな決断をした。けれど、自分で決めた。


あれから、3年後のイマです。



3年前のあなたへ


迷っていますか? これで本当に良かったのかと。

落ち込んでいますか? だいすきだった働きをうしなって。


悔しいよね。辛いよね。
いま、あなたはほんとうに苦しいと思う。

そんなあなたに伝えたいことがあります。

「その決断をしてくれて ほんとうにありがとう」


あなたはその決断を「後ろ向きな決断」と言いました。
そう思っていてもちろんいいのです。

ですが、3年後のわたしは「その決断をしてくれてありがとう」と心から思っています。

決して当時の仕事を辞めたことは後ろ向きではなかったのですよ。

むしろ、「どうしてもできないじぶんを認めて辞めたこと」は、
「じぶんに過信して無理してでも続けること」よりも大きな前進ではないでしょうか?



弱さを受け入れることは 決してたやすいことではありません。



「できない」「やらない」「やめる」
という一見マイナスに見える行動をあなたは選ぶことができたのです。



それは、とても大きな一歩だとわたしは思うのです。



「できる」「やる」「つづける」
というポジティブな行動だけが前進ではないと思うのです。



大丈夫です。

あなたは何もなくありません。

あなたはちゃんと生きることを選んだのです。

いろいろな重たい荷物をいったん置いただけなのです。

いま、せっかく軽くなった身体で一度おおきく息を吸いこんでみてください。

できれば、心地よい音楽を聴きながら、風にゆられて、ただ息を吸って吐くのです…

好きだった人が結婚したりもするよね〜落ち込んでもいいのだ〜

イメージ
皆さま、ご無沙汰しております。

季節の変わり目、いかがお過ごしでしょうか?

うつ歴があることを
周りの方々に知ってもらっていて、
さいきん「実は旦那が」とか「実はお父さんが」と
心の体調を崩してしまうお話を聞かせていただくことが増えています。


私はというと、ほぼ元気です。

ですが、うつがひどかった時を振り返ると、
こういった時期にグッと体調を悪くしてなぁ・・・と思い出します。

さてさて、
書きたいことは山ほどあるのですが、
なかなか手がつかず、今日まで来てしまいました。

だいたい書きたいことは人に言えない悩み

えっと、好きだった人が結婚してしましました。笑
実は、以前ブログにも書いていた人。
昨日、わたしは、失恋した。〜8回目のカウンセリング〜
(そういえば、この後の話もあるので、また書こうかな・・・)

もう3年前になるのか!!!

ちょうど、うつ真っ盛りの時
遠方だったのですが、優してくしてもらった先輩がいました。

大学時代は長文メールをやりとりして、
おたがいの価値観や日々を分かち合う関係で、
就職して離ればなれになっても「がんばってるか〜?」と連絡をくれるヤサ男。笑

そして、病気になってしんどい時にも支えようとしてくれた人。

今思っても「とてもいい人」だったなと。
まぁ、「片思い」ってそんなもんですよね。笑

応援したい。祝福したい。でもフクザツ。 今日、某SNSを見ていたら
お相手の方も知っている人だったので、
情報が流れてくる・・・嬉しそうな顔・・・ううう・・・!!!

正直付き合っている人がいると知った時から、
彼のことが本当に好きだったから
彼がシアワセであるなら、それでいい〜って思ってたんですけどね。

やっぱりフクザツなんだな〜っと実感中です。

フクザツな想いをもっててイイ!自分のことを過信していた時
自分のなかに理想があった時
自分を「こうでなくちゃサン」が支配していた時


ちょっとでも「フクザツ」って思ったら
なんでこんな風に思っちゃうんだろう!!!
なんでもっと祝福できないんだろう!!!
なんでこんなに心が狭い人間なんだろう!!!
どうせ私は独り身だわ・・・!
こんな私生きてる価値ない・・・もう生きていくのしんどい・・・

なんていう無限ループにはまっていくのです。

でも、伊達にうつ病やってねーぜ!!!

しんどかった数年で教えていただいたことは、
「そのままの自分をまず自分が受け止めてあげること」でした。


セルフドメスティックバイオレ…

作家もけっこう「うつ経験してる」ってよ

イメージ
良い!「ご本、出しときますね?」


めちゃくちゃよかった!!の一言に尽きてます。

オードリー若林の卑屈なエッセイの話は、たしか以前にしたことがありました。
(参考URL:2016-02-18 オードリー若林のゆるくてちょっと深いエッセイをうつ病患者が読んだら。〜卑屈なんだけど素直なんだよね〜

お正月は徹底的に休もう!と思ったわたし。

休む=ただ自分がやりたいことを思うがままにやっていいといううつ病を通して知った方程式に従ったわけなのですが、その今のわたしの答えはというと

「テレビをだらだらと見る」!!笑

わ〜 へぼい〜

でもですね!ただぼーっとテレビを見るじゃなくて、「なんかためになる」「なんかやる気出させてくれる」っていう要素が大事みたいなんです。(めんどくさいですよね笑)

そこで、この条件を満たしてくれたのがこの番組でした!


うつ病のおかげで本が好きになりました もうこの手の話は結構してきたのでハショりますが、
うつ病であまりにも辛い時を過ごしたとき、心を楽にさせてくれたのが本でした。

その中でお世話になった作家さんたちが、
なんと結構好きな若林さんとおもしろおかしく、結構真面目にトークしてる!

こんな楽しい番組ないよ!!と思いました。

さすが作家さんたち・・・何が良いって「言葉がうつくしい」んですよね。
そして考え方もそれぞれ個性が強いんですけど、愛がある。 客観的で、知的で、おおげさかもしれませんが世界を良くしたいって思ってる。

みなさん、すみません!! 昨日の夜まで、テレ東のアプリで今までの番組が見返せてました・・・。

はまりすぎて、全部見ました。笑
多分10本ぐらい。笑

サラバの西加奈子さんに
何者や桐島部活やめるってよの朝井リョウさん
今流行真っ只中のコンビニ人間の村田沙耶香さん・・・!
そしてあの、角田光代さん・・・!すごくないですか?

普通に作家さんたちがバラエティに出てて、フランクに話してる。

ただですね、今日の夜まで、お正月の特番が見れます笑
文筆系トークバラエティ「ご本、出しときますね?」がお正月にSPとなって帰ってきます!! 2017年1月2日(月)夜10時放送


作家もけっこう「うつ経験してる」ってよ 全然、パロれてなくてすみません笑
言いたかっただけです。すみません。二回も謝るならやるなよっていう笑

励まされた中のひとつは過去の話をされる時
「ま…

うつ病患者がふりかえって手紙を書くシリーズ<過去記事更新>

イメージ
みなさま、こんにちは。

絶賛フリーター中のわたしですが、昨日から少し浮いてきたので自宅活動しています。

今日したことリスト ・着替える
・朝ごはんを食べる
・洗濯ものを干す(めんどくさいニットも洗った!)
・部屋の整理
・カメラの編集のお仕事(約2時間)
・ユーチューブをだらだら見る
・ブログ更新
・これから夜ご飯を作る

うつ病で辛かった時期をふりかえると、拍手を送りたくなるような1日です!笑

現在、病院も服薬もしていないわたしは「再発予防期」になるのですが、
まさに先月末からうつ症状が出て危なかったのですが、すこしずつ復帰してきています。

流れとしては、昨年の冬、病院終わり→今年の春転職活動→夏からフルタイムで働く→先月末うつ症状再発→現在フリーターしながら回復を待つ

ちなみに昨日は1日の半分だらだら着替えず過ごしていました。

ちゃんと休むことでちゃんと回復するものです。
これ当たり前のことなんですけど、なかなかできないこと。

大事なのは「あせらないことだなぁ」と今回も教えられたのでした。


手紙シリーズ更新
手紙シリーズを更新したのは、
以前のブログの手紙シリーズの投稿にすごくうれしいコメントをいただいたからです。

読んで涙が溢れてきました。
誰かにずっと言って欲しかった言葉だったんだと思います。
今苦しいけど、このブログに今日出会えてよかったです。ありがとうございます。

このコメントをいただき、あぁ、わたしの方こそあなたのコメントに出会えてよかったですと思いました。ありがとうございます。

拙いブログですが、こうして誰かの助けになっていることは本当に嬉しいことです。

2014-04-07 うつ病5ヶ月の私が書いた「1年前のわたしへ」。

2014-05-15 うつ病半年の私が書いた「1年前のわたしへ」。

2014-09-29 うつ病10ヶ月の私が書いた「1年前のわたしへ」。

3通すべて更新いたしましたので、よければごらんください。

また、今書いたらちょうど休職中から復帰しはじめた頃ですね。

やっぱり一貫して言えるのは「あせらないでね」ってことだなって思ったり。





今日もすこしずつ。







お読みくださりありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援してくださる方、クリックおねがいします♬

にほんブログ村

仕事をやめてきたし、彼氏とも別れたんだからね、

イメージ
3月からブログを書かなくなってから、 転職したり、
彼氏もできたりしたのですが、
全部ひっくるめて終わってしまった今日この頃です。

前回のブログでは「それでもなんとかやっていこう」と前向きだったんですが、
まぁ、今日はとても沈んでいる。そんな日もありますよね。

3月からウナギのぼりみたいだったんです。

それがストーンって落ちたみたいな。
や、ズドーンだな。

やりたいことを仕事にしはじめて、素敵だなって思える彼氏もできて。
それが、どれもこれも一生懸命やりすぎて、結局くるしくなってしまって。

彼氏と別れることになったんですが、 もっと一緒に行きたいところがあったなぁ。
もっと一緒にやりたいこともあったのになぁ。

付き合ったり、結婚したりって1人だけがそうしたいって思ってるだけじゃ成り立たない。二人がそう思わなきゃいけないって分かってる。

だから、「好きだけど、別れよう」って言われた時は、
「なにそれ」って思いながら、もう大人だから泣いたりわめいたりせず、
気持ち悪いくらいニコニコして、耳ざわりの良いこと言ってお別れしたの。

すごく好きだったんだと思う。
だから、すごく気を使ってた。

不思議なんだけど、終わった後、悲しかったけど「楽になった」って思った。

ちょうど、転職した後、頑張りどきだったから、
新しい現場での修行に打ち込もう!!!って張り切った。

だけど、彼との別れを口火にすべてが終わっていったのでした。

否定的な会話の仕方をする感情型な上司 わたしの教育担当は感情的な女性。

嫉妬心が強く、プライドが高い上にわがままで完璧主義なタイプ。
(あぁ、こんな言い方してしまってすみません。)

女性でよくいるタイプだと思うんですが、とても苦手なタイプでした。
でも、うまくやろうと思ったらやれるタイプ。

彼女がイライラして当たられても、目を見て挨拶してくれなくても、頑張れました。
ここで学ぶことがあったし、今は修行期間なんだから忍耐する時と思えました。

でも、彼と別れたあとから、どんどん自分の心がこわれていくのが分かりました。

彼女から飛んでくる矢がグサグサと心に刺さっていき、
その傷が癒えていないままに、次々とまた新しい矢が刺さっていく。

あぁ、今まで彼と会ったり、連絡とったりすることで元気もらってたんだ。
彼に会うと「また、頑張ろう」って思えてたんだ。

そう薄々感じながらも…

ただいま、戻りました。

イメージ
みなさま、ご無沙汰しております。

いかがおすごしでしょうか?
変な感じですが、「ただいま」という気分です。
実は、転職してました。 今年の3月からブログを書かなくなったのですが、 その時期に不思議な出会いがあり、転職活動を始めました。
余裕がなくなるとブログって書けなくなるんですよね。笑
昨年の12月に通院を終えてから、 リハビリ勤務だったパートを続けながらこう考えていました。
「いよいよ、フルタイムで仕事を探したい。」
いろいろな選択がありました (1)パートしている職場(通販業務)で正規雇用を目指す
(2)事務系の正規雇用を探す
(3)本当にやりたい仕事をバイトしながら見つける
悶々と考えながら、慣れた仕事をする毎日。
病気の症状もほぼ出なくなり、「安定」の日々。
人って不思議ですね。っていうかバカだなって思います。 あれほど欲しかった「安定」を手に入れたのに、満足できないんです。
安定を手にれたわたしは「もっと自分の持っているもので社会に貢献したい」とか思うようになるんですよね。

よくばり精神が消えないんですよね。
パートしている職場で正規雇用を目指すが・・・まず、今の職場で正規雇用の可能性があるか考え始めます。
約2年お世話になっている職場の上司に話すと、
色々ありましたが「覚悟さえあれば正規雇用しよう」という話になりました。
パートだと「与えられた仕事をするだけでよい」「失敗しても上がなんとかしてくれる」という状況から、正規雇用となれば「責任を持って仕事をする」ことになると釘を刺されました。
でも、実際の自分の気持ちは、
「この仕事をずっと続けたいとは思えない」
「フルタイムでやりたいとは思えない」でした。
そんな気持ちで正規社員を志望するのか・・・どうするのか・・・。
これからどうやって働いていけば良いのだろう・・・?
そう思っている中で出会いが与えられました。
年の近い「クリエイティブ系のお仕事」をしている方職場の人の紹介の紹介で出会った方です。

同世代の女性で、
自分の特技を生かしたお仕事で成功をされている方。

これが今年の3月の末でした。
彼女は一緒に仕事をしてくれる人を探していたようで、
彼女の仕事仲間が、わたしの職場の先輩とつながりがあり、
「そこに私が良いのではないか?」ということで紹介していただいのです。

正直、おどろきでした!!
だって、「ともだち」でもないんですよ。笑

一度しか会ってない方が、…